法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

借金の取立てに関する法律

金融機関からお金を借りて返せないと言うことになると、頻繁に電話がかかってきたり、自宅や会社まで取り立てに来ないかなど心配になることもあるかと思います。しかし、取立てに関して法律で禁止されていることが色々とあるので、過剰に心配する必要はありません。特に、借金を返せなくなった人が心配する、夜中でも電話がかかってくるかも、自宅まで来られて怒鳴られるかもと言うのは、法律で禁止されているのでそんなことはしてこないです。借金の取立てにおいて、夜中や朝早くに取立てすることは禁じられています。自宅訪問はもちろん、電話やFAXをするのもいけません。

また、会社に取り立てに来られたらどうしよう、会社に来られる位なら自宅に来られた方がまだマシだと思う人もいますが、お金を借りた人の自宅以外に訪問することは禁じられています。昔は、債務者の親戚のところに訪問する業者もいましたが、これは完全に法律違反です。訪問だけでなく、電話やFAXでも連絡をしてはいけません。これは債務者の勤務先にも適用されます。お金を返せなくなったことは十分に反省しなければいけませんが、取立て禁止行為があった場合は、警察や弁護士に早急に相談することです。

関連サイト情報



Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.