法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

すぐ近くにある法律の問題点

現在の社会は、大変複雑化しており、従来からある法律の網を通り抜けるような犯罪も増えてきています。これらの法律が、もうすでに現在の社会に適応できていないといった懸念があります。それらの問題に対して、国は、新たに法律を作成して、市民が安心して暮らしていけるように対処しています。市民は、自由な活動を享受する権利がありますが、周りの人に迷惑となる行動に対しては、様々な罰則を設けています。これは、市民生活を守る上で、必要なカギとなります。罰則が、厳しいことにより、犯罪の抑止力になるからです。

法律によって市民が、自由を享受し、責任を持って、社会活動を行うことが出来るのです。ただし、厳格な法律ばかりが、横行する世界においては、市民生活は、立ち行かなくなります。それぞれの自由を認めずに、一方的に法律を解釈して処分するというやり方です。これは、海外において、見ることができますが、個々の人権を守るという観点から変えていかなくてはいけないことだと思います。基本的に、法律を守る、遵守するということは、当たり前のことですが、その法律をしっかりと監視していくのも市民の役割だと思います。そのことを認識した上で、周りと円滑に市民生活を過ごすことが大切になっていきます。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.