法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

民法の法律について。

私たちの生活に欠くことのできない日本の法律は、多く存在しております。その中でも、生活に密接しており、働く上にも、買い物する上でも、とても密接に関係しております。この法律の中でも、「民法」は、特に密接に私たちの生活に関係しております。この「民法」について、私自身の知識を踏まえて、具体的にご紹介します。まずこの民法は、日本の定めている六法の法律の一つであります。この民法は主に、債権、物権、親族法(一般的には家族法として認知されている範囲です。)、相続法を主な内容としています。

この債権とは、人と人との間で交わされる契約についての定めであります。また、物権とは、人の物に対する権利についての定めであります。そして、家族法とは、親子関係や婚姻関係についての定めであります。次に、相続法に関しては、遺言や相続の方法などについての定めであります。これらの中で一番、私たちの消費生活に関係があるのが、債権と物権です。コンビニなどでお弁当を買うのは債権上の契約であり、それを所持することは物権の所得にあたります。このように、私たちの生活に「民法」は欠かせないものであるということがわかっていただけることかと思います。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.