法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

法律という決まり事を理解する

法律とは、国会により制定される成文法のことをいいます。成文法は、文字に書き示された法のことをいい、逆に書き示されていない法のことを不文法といいます。日本における成文法は、議会の議決を経て成文されており、日本ではほとんど成文法を採用していますが、世界には文字に表記されていないあいまいな法である不文法を、採用している国もあります。

法律は、決まり事やルールを示すものであると同時に、社会の秩序を守るために必要なものでもあります。日本に住む国民の権利や自由を守られているだけでなく、争いや混乱が起きないようにするために必要なものでもあります。決まり事やルールを国民全員が守ることで、安全に暮らしていけるだけでなく、ルールを破るものがいれば法によって裁かれ国民の安全が守られています。

日本の法律は、1800以上もあり、今でも有効なものもあれば、無効なものもあります。私たちの生活に身近な法もあれば、あまり関わりのない法もあります。国民一人一人が法を理解し、きちんと決まり事やルールを守っていくことで安全に生活していくことができます。難しい法もたくさんありますが、必要最低限の法は、理解している事が必要となります。

関連サイト情報



Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.