法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

モンスター的ユーザーには、毅然として法律的なアプローチを。

迷惑行為を繰り返す日本人が増えて来た、という意見があります。マナーを守らない迷惑な主婦、モラルを破る高齢者やサラリーマン等、全国各地にモンスター的な人々が現れました。迷惑な人々は昔からある程度存在しました。しかし近年の傾向として指摘されるのが、そもそも法律を知らない大人が増えた点です。なぜ迷惑行為がいけないか、といったそもそも論を理解出来ていない人々が珍しくありません。職業柄、彼らと向き合う必要があるサービス業の方、経営者の人々は日々大変な思いをなさっています。人は誰しもある程度、他人に迷惑をかけて生きているものですが、ルールを破るような行為はいけません。どうしてもサービス業や経営者の方だと、強い態度で臨めない面がありますが、泣き寝入りばかりでは良い結果は現れません。迷惑行為を繰り返すユーザーには毅然とした対応が不可欠です。弱気な態度だと、他の善良なユーザーまでもお店やサービスから離れてしまいます。

時には弁護士などのサポートを受けてみましょう。迷惑行為を繰り返すユーザーには、残念ながら一般的な話し合いは通用しません。法的な知識に富んだ弁護士といっしょに臨めば、柔軟なアプローチが可能です。日本人の大多数は今でも真面目にルールとモラルを守っていますが、一線を超えた人々には弁護士のアドバイスのもと、特別な対応で臨みましょう。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.