法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

全ての法律の頂点に立つ憲法

日本のような法治国家では、とにかく様々な法律が存在し、私達はその法律に制限を受けながら、そして法律に守られながら生活しています。法律の中で有名なのは刑法や民法、風営法なんて法律も結構知名度が高い法律ですね。一度も聞いたこともない法律もたくさんあり、全ての法律を理解し、説明できるのは弁護士さんや検事さんくらいかもしれません。

たくさんの法律も、その法律ごとに制定されていると、必ず矛盾が起きてしまいます。そこで、法律の順位制。全ての法律の上に立つ法律が存在します。それが日本国憲法です。どこの国においても憲法は、すべての法律の頂上に立つものであるので、憲法と矛盾した法律は作ることができません。そんなに重要な憲法なのに、日本国憲法にはどんなことが書いてあるのか?知らない人が多いでしょう。学校で習って覚えているのは、9条の平和主義くらいっていうひとがほとんどかもしれません。

日本国憲法は、この国においての禁止事項や、保証される国民の権利や、国民の義務が記されています。実際、日本国憲法を暗記していなくても、普通に生活していれば憲法違反を犯すことはほとんどないでしょう。しかし、時間がある時にでも一度日本国憲法を読んでみると、改めてこの国のことが理解できるようになるので、読むことをおすすめします。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.