法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

民法の法律である債権について。

私たちの生活を秩序づけている法律は、知っておかなければならない知識でると思います。その中でも、民法は私たちの生活に密接しています。この民法とは、債権、物権、親族法(家族法)、相続法などを規定しており、その中でも、「債権」は、働く上で、または、生活する上でも非常に大切なものです。そこで、ここでは民法の中の「債権」について、その内容と効果について、具体的にご紹介します。日本が定めている民法の債権とは、建築物や占有物ではなく、人と人の間で生じる契約に関する法律のことを意味します。

また、この債権とは、契約することによって、契約通りの行使しなければならない生じる責任(債務)と契約したことによって、契約通りに利益を受けるべき権利(債権)の規定について具体的に定めています。また、債権の内容は、この債権債務関係による契約、事務管理、不当利得、不法行為の4つを定めています。この債権に関しては、契約に携わった当事者間の意志の合致で発生するものを約定債権といい、事務管理、不当利得、不法行為法律の債権行為によって生じるものを法定債権といい、債権では以上のように分類しております。これらは会社の契約や、日常生活上の買い物などの契約に関しても生じる法律です。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.