法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

法律の中でも労働法関連は知っていた方がいい

法律と一言でいってもいろいろな種類があります。憲法に始まり、民法や刑法があります。また税法もいろいろなものがあります。その中でも、現役世代として誰かに雇われて働いている場合には、労働法関係についてはある程度知っておいた方が自分を守っていくためにはいいと思います。労働法にもいろいろありますが、基本的なところとしては労働基準法に関する最低限度のことは理解しておいた方がいいでしょう。

この労働基準法ですが、文字通り労働に関する基本的なことが決められている法律です。しかし、この法律にすべてのことが書かれている訳ではなく、労働雇用法や男女機会均等法など他の法律と一体になって労働に関する法規制全体が成り立っていると考えた方がいいでしょう。つまり、労働基準法は労働に関する最低限の原則が書いてあるというような位置づけになります。

労働基準法に書かれている重要な内容としては、労働時間に関する規定です。どれぐらい働いていいのか、どれぐらい働いたら休憩時間はどれぐらい必要か、連続の勤務や深夜の勤務に関することはどうなっているか、そして有給休暇に関する規定もこの法律で決まっています。フレックスタイムに関することもこの法律の範疇です。また賃金に関する規定や離職に関する規定もあります。

関連サイト情報



Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.