法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

働く人の法律知識として押さえておきたい労災法

労災という言葉は多くの人がよく知っている言葉です。仕事中にけがなどをした場合に、労災認定されてお医者さんに支払うお金などが保険によって支払われるという制度だということは理解していると思います。この労災法の正式名称は労働者災害補償法といって、労働基準法の考えを実現するために作られた法律という位置づけになっています。

労働基準法には、労働者が仕事中にけがや病気をした場合には、事業主が補償しなければならないと決められています。考え方は非常にいいのですが、労働者に多額の補償をしたら会社が続けられなくなってしまうのでは元も子もないため、そういった中小企業で働く人を守り、また中小企業そのものを守るために、国としての保険制度を作ろうということになったのです。それが労働者災害補償法なのです。

労災ができたことによって、小規模の会社等であっても、一定の保険料を支払えば、労災があった場合にこの労災の制度から必要なお金がおりることになっています。労働者を雇うほぼすべての会社や個人事業所が対象となり、また、雇われている人もパートタイマー等を含め、ほぼすべて被保険者となります。労災の保険料は労働基準法の主旨通り全額事業主が負担することになっています。

関連サイト情報



Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.