法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

税金の法律もたくさんある

私達はお金とともに生きているといっても過言ではありません。お金というものがなかったら本当に不便だと思いますが、そのお金があるからこそ生まれるトラブルもあります。さらに、自分のお金を国家のために差し出すことについては義務になっています。これが納税の義務です。そして、税金に関しては、一つの法律で決められているのではなくて、様々な税目とほぼ同じ数だけの法律が存在しています。

国の税金だけみても、代表的なところで所得税、法人税、消費税、相続税・贈与税、登録免許税、印紙税など数えきれないほどの法律があります。そして、納税の義務と言われていながら、この法律の条文を一度でも見たことがある人は稀なのではないでしょうか。また仮にこれらの法律の条文を読んだことがあるという人でも、一回読んですっと理解できたという人がどれほどいるでしょう。

税法の内容は特に難しいと思います。一人一人がこの税法に精通するのは不可能に近いでしょう。そのため、専門家を育成してこれを国家資格としようとなったのです。その資格が税理士です。税理士はこれらの法律のプロです。所得税の確定申告書を作成するときや、中小企業等が決算書を作成するときにもこの税理士の助けを求めることが多いです。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.