法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

法律の専門家について。

日本の三大法曹界として知られている「弁護士」、「裁判官」、「検察官」について、具体的にその職業やなるまでの道のりなどについて、理解している人は少ないのではないかと思います。そこで、ここでは、この三大法曹界の人について具体的にご紹介します。まず、「弁護士」とは、裁判の際に法律的な主張や弁護をしてくれる法律の専門家のことを言います。次に、「裁判官」とは、裁判の際に、公私混合せず、被告、原告の主張を公正公平に聴き、その上で法的に適切な判断を下す法律の専門家のことを言います。そして、「検察官」とは、刑事裁判などで警察の調書や証拠のもと、被疑者に対して起訴を行う法律の専門家のことを言います。

これらの三大法曹界の人々は、裁判だけではなく、法科大学院や法律学校の講師をしたり、世の中の犯罪防止のための公演や判例に基づく司法制度の改正案の考察なども行うことがあります。この三大法曹界になるためには、司法試験に合格し、修習期間を経て、最終試験を受かった者のみが弁護士や裁判官、検察官になることができます。この司法試験を受験する多くの人は、法科大学院に在学中や卒業して1年以内で合格している人が多いです。また、司法試験予備試験という法科大学院に在学しなくても受験できる制度があり、そのほとんどは社会人の人が多いです。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.