法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

ペットが逃げて他の家で見つけた時の法律相談

今はペットブームと言われているので誰でもペットを飼いたい気持ちになるでしょう。どうやって飼えばいいかについてはペットショップに行くのが早そうです。お金はかかりますが確実に飼うことができます。その他では譲ってもらう方法があります。近くで子供が生まれて里親を探していることがあります。その場合は特にお金もかかりません。しかし飼い始めた後についてはもらった人に特に何かを言えるわけではありません。

ペットショップで少しお金をかけて買ったペットを飼っていました。かわいがっているつもりだったのですがちょっとした隙に見当たらなくなりました。なんとか近くを探したのですが結局1箇月経っても見つかりませんでした。そんな時ある家に飼っていたペットがいたのです。種類はそのものですし特徴もピッタリです。そこでそこの家に聞いてみたところ今はこちらで飼っているので渡すことができないと言われました。法律上はどうなっているかです。

動物に関しては家畜と家畜以外に分けられます。家畜の場合は6箇月以内に見つければ他の人が受けても戻してもらうことができます。しかし他の動物になると1箇月以内になっています。権利はすでに今の人に移っているのです。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.