法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

法律よりも大切な道徳

社会生活を営むうえで、法律を守ることは必須といえます。法律を守らなければ周りの人に迷惑がかかりますし、自分自身も逮捕されてしまうかもしれません。ですから、法律に違反する行為をしないように気をつけて生活する必要があります。しかし、法律というのは無数にあります。それに、法律は義務教育では習いませんから、詳しくない人がほとんどです。自分が知らないうちに法律違反をしているのではないかという不安を持っている方も多いかもしれません。しかし、これはそれほど不安に思う必要はないのです。法律より上の概念に道徳がありますので、道徳違反をしないようにすればいいのです。

法律を守って生活するには、社会の一般常識を身につければいいのです。常識的な行動をとっていれば、法律違反になることはほとんどありません。付け焼刃で勉強をして、法律の網の目をくぐろうとすると、必ずと言っていいほど罰せられます。法律というのは無数にあるので、どこかから法律を持ってきて罰せられるのです。ですから、法律を活かした職業に就くのでなければ、特に法律を勉強する必要はありません。道徳心を持って、普通に生活をしていれば大丈夫です。何かあったときだけ、法律の専門家に相談すればいいのです。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.