法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

鉄道の遅延でビジネス上の損害を受けた時の法律相談

夏になると台風があり冬になると大雪があります。これらによって困るのは鉄道の利用者です。大雪などは雪国でもあります。雪国では雪があるのが当たり前なのである程度の対策をしています。しかし都市部は雪はめったに降りませんし積もることもありません。対策のコストをかければ膨大になるのでふった時に対応するようになっているのです台風の時には風速などによって事前に鉄道を止めるかどうかを決めています。その他線路が使えない場合もあるでしょう。

あるときビジネスで鉄道を利用していたところ鉄度が突然止まりました。しばらくしたら動くと思っていたのですがその気配はありません。2時間後にようやく動き出したのですが、その御蔭で決まりそうだったビジネスがお流れになってしまいました。会社にとっては大きな損害になってしまいました。法律上こういった損害について損害賠償請求をすることが出来るかです。

もし出来るとしたら鉄道会社はやっていけないかもしれません。鉄道や飛行機など遅れによって損害を受けたとしてもそれに対する責任は取らないことを前提に利用することになっています。ですから請求はできません。鉄道会社によっては2時間以上の遅延で運賃の払い戻しをするなどと決めています。

関連サイト情報



Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.