法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

民法の法律である物権について。

ここでは、日本の六法に定められている民法の「物権」について、その内容と効果について、私の知識を踏まえて、具体的にご紹介します。なぜ、民法の一つである「物権」に注目したかというと、物権は私たち消費社会に欠かせない法律であるためです。そもそも、民法の法律自体をも、私たちの生活に欠かせない存在であります。民法は、債権、物権、親族法(家族法)、相続法などが定められています。この中の物権とは、財産権であり、人が物を直接、排他的に支配することができる権利について定めています。また、債権とは違い人と物の契約や権利に関すること条項であり、債権と比べその権力は強いです。

この物権は大きく分けて、本権、所有権、制限物権、用益物権、地上権、永小作権、地役権、入会権、担保物権、法定担保物権、約定担保物権に分類されます。この法定担保物権とは、留置権、先取物権を内容としており、直接的に物権を行使する効果を持っています。次に約定担保物権とは、第三者の担保していた物に対して物権を行使する効果を持っています。これらの権利関係や効果を、実生活で見ることができるのは、マイホームの購入やマイカーの購入の時などが多いかと思います。


Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.