法律の運用ということについて
法律の運用ということについて

法律は常に国民を助け、弱者の味方であるべきです

法律というのは、国のトップに立つ人並びにそれに属する政治家達によって定められるものです。つまり国会で作られ、それを広く流布することで国の有り方が決まってくるという、国家にとって最も重要なものなのです。なので、当然のことながら豊富な知識と経験、先見の明を持つ人達が定めなければ国は誤った方向へと突き進み、取り返しのつかない結果になってしまいます。

そんな法律は一体何の為にあるのでしょうか。政治家達の為、それとも官僚たちの為でしょうか?いいえ、法律とは国民を守る為にこそ存在し、国民が人らしい暮らしをする為にあるのです。だからこそ法律は清く正しくあるべきですし、そのように作られるからこそ国民はその国で平和に過ごすことが出来るのです。

また法律は弱者の味方でもあります。悪い事をした人を裁き、その被害にあった人を守る力を持つものであり、その為に使われる力は絶対的なものでなければいけません。抜け道や脆弱性があっては弱者を守ることは不可能ですし、その脆弱性を利用するような悪人が出て来てしまいます。法律は不可侵であり、だからこそ絶対的な効力を発揮するのです。そのような法律を作る為にも、政治のトップに立つ人達は賢者でなければならないのです。

関連サイト情報



Copyright(c) 2019 法律の運用ということについて All Rights Reserved.